背景制作過程


参考になるかは分かりませんが背景制作の流れを記事にしてみました。
質問してくださった方ありがとうございます。
統一前のデータファイルも置いておきますので、塗り絵・自作品へのご使用等需要がありましたらご自由にご利用ください。
興味がおありの方は続きから↓どうぞです。


背景制作0
1.線画を描きます。
これは3DCGソフトでそれっぽい形を作って並べたものを下絵にしてフリーハンドでトレースしています。
ポリゴンでやる利点は家具を並べ替えたりアングルを変えたり好きに試行錯誤できることと
なによりパース嫌いの私でもなんとかなることです。いい時代だ。
どうでもいいですがさらに右手前にはかまどがあります。
背景制作1
2.先ほどの線画レイヤーの下に新たにレイヤーを作り、影を置いていきます
背景制作2
3.更にレイヤーを増やし、もっと濃い影をおいていきます
モードは乗算やら陰影やらです
背景制作3
4.その下にいくつかレイヤーを作り、パーツ塗り分けします
背景制作4
5.一番上にレイヤーを作り、合成モードをオーバーレイにし、あちこち色を乗せて雰囲気をつくっていきます。
背景制作
ちなみに↑こんな色がのってます。質感ついでにかすれさせてます。
背景制作5
6.線画の不透明度保護にチェックを入れて、線の色をあちこち上塗りしつつ、
パーツ分けしたレイヤーの上に新規レイヤークリッピングして、合成モード乗算などでそれぞれに色ムラやら質感を描き足していきます。
更に線画レイヤーに木の筋やら傷やら描き足しています。
背景制作6
7.あちらこちらにハイライト(白い線やら白っぽい照りとか)を追加し、
左手の戸の格子向こうに見える部屋の梁と、食器棚のガラスの透け感を描き足しました。
背景制作7
8.統合した画像の色味やらコントラストを好みに調整して完成
部分的に薄くぼかしたりするともっといい感じになるかもしれません
むしろ塗り直してもらえると喜びます(おい)
データはこちら↓
【データ】
PSDファイルです
何かしらお役に立つ部分があれば幸いです